今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-06

函館

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

一面に桜が咲き乱れるように
舞う花の彩り鮮やかに
春が降る 花香る。

桜道

GWには
函館はきっと新幹線とかで大変な事になっておるでしょう・・
けれど、この時期の桜はやっぱり函館なんだよねぇ。

等と思っていたのだけれども

函館慣れしてきたのか
混雑を避けるように郊外に宿を取り
ササッと目的地を軽やかに回り
警察さんと少しお話をしてから
帰ってきました4/30日


桜は綺麗だったけれど
桜紋は嫌いです。


皆様
こんばんは。

今回
ホテル函館ひろめ荘
と言うところに
4/29から宿泊をさせてもらい
ジムで汗を流し
温泉に癒されました。

また従業員の方々の
心遣いが素晴らしく
料理もおいしい。

また来たいと思います。

ひろめそう

皆様
GW旅行の際には
スピードの測定
・・・などには皆様もお気をつけて下さい。

思わぬ出費となりまする。



スポンサーサイト

青春18切符

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

卵の中には
いつか生まれだす雛


ガタン ゴトン
ガタン ゴトン

列車の窓の外
暮れる夕日
そして赤く染まる海

少し開けた窓から
心地よい海風が・・

顔をぺたぺたにしながら

焼き鳥弁当を食べ
サッポロクラシックを飲む。

「次は山崎~次は山崎~」

まだ・・山崎かぁ・・。

にしても
行きはよいよい
帰りはこわい

だな、本当に。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回は青春18切符なるものを使っての
{青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)は
旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車
快速列車が1日乗り放題となる
販売および使用期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。}

実験旅行と位置づけた
JRの旅をしてみた。

行きは鷲別駅からAM7時
鷲別駅


電車の・・
電車の乗り方すら忘れてたりしますのよね。

まず・・
乗り場はどこだ?
とここからスタートw

電車に2時間ほど揺られ
長万部着
長万部

函館線へ乗り換えるのに1時間20分くらい時間があり
長万部温泉に入ったり
駅弁を買ったりであっという間に過ぎました。

しかーっし!!
駅弁は電車内で食べるべきかと。
食べたい気持ちを抑えて電車に乗り込んで・・
かにめし
かなやのカニ飯は外せないよねぇ・・。

そうそうこれも有名
もりそば

合田のもりそばさぁ~。
コンビニ弁当のより美味しい。

クラシックを飲んでまたガタンゴトン揺れます。
2時間程たつと大沼公園に着きます。
大沼公園駅


まぁ・・田村くん着いたのは大沼駅だったので
散歩がてら大沼公園駅まで歩いたよ。
さんぽ・・がてらね。
ヒーヒーなんて言ってないからね。
大沼

沼と・・湖ってなにが違うんだろうか・・と考えながら眺める。

調べた
沼:一般に、水深5メートル以内の水域。水草が茂り、透明度が低い。
湖との区別は明確でない。
湖:周囲を陸地で囲まれたくぼ地で水をたたえた所。
池や沼よりも大きく、沿岸植物が生育できない深い湖盆(5メートル以上)をもつもの。

と言う事らしいが
湖との区別は明確でないって書いてあって何か変。

ここでは
まずはコレ
沼の屋のだんご
沼の家のだんご。
私的には串団子の方が食べやすくて好きだけれど
つまようじでチマチマ食べるのも楽しい。

んで・・
大沼ビールを飲んで
とりあえず最終目的地
函館へ入りました。
函館駅

函館何ぼ好きよ?
と思うけれども
なんでも飽きるだけ行っとけと私は思う。

その都度
新しい発見もあるのだしね。

この日は
夜に居酒屋でたらふく呑んで
そのままホテルでバタンキューだった。

翌朝
うにいくら

ウニいくら丼を朝市で食べ(ミニにすれば良かった・・。)
谷地頭温泉に入り
ベイエリアで少し買い物をして
滋養軒で塩ラーメンを食べた。
塩ラーメン
500円。

コレは・・美味しい。

見た目ほどアッサリってわけじゃない。
塩分も良い位だし
結構深い味がする、かんすい大目のストレート麺と
凄く相性がいい。
また、いつか食べにくる。

そして
棒二森屋にて
電車の時間を待つ為
ゲームセンターへ。

遊べれば良いものの・・
なんでか、こう・・時間がなくなってくると
コインがドンドン増える・・。

隣でコインを減らしている少年に
カップ2個渡して
あげるよって言ったら
いいんですか?
ありがとうございます!!


と元気に言われて
気持ちが良かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして冒頭に戻るわけですが
ベイエリアのハセストで
焼き鳥弁当を3個買って
別に串も数本かって
袋をたずさえ歩いて滋養軒、棒二森屋、函館駅
と渡り歩いていた人は田村くんです。

さて以上を踏まえて
電車の旅で気をつけなければならない事
それは
衝動で色々買ってはいけません。
荷物は最小限に。

振り返ってみて
肩掛けバッグはやっぱり駄目
リュックの購入を考えようと思います。
風呂道具一式につきましては
全て小さなもので行くべきだったなぁと。
私の荷物の半分が風呂道具だったしw
なんにしても
青春18切符の旅
次回は違う路線も試したくなりました。

皆様も列車の旅如何ですか?

GWはやっぱり。

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

さくら
ひらひら

皆様
こんにちは

今日の田村くんです。

GWは暦どおりで
あまり休んだ気はしなかったのですが

3日に実家にてたこ焼きパーティー
4日に我が家でスパークリングワインを飲み(licky様ありがとう)
サクラ シャンパン
このワイン美味しかったよ。
鹿で酒を釣り上げてゴメンね。
次回は何も気にせずにお願いしますね。

5日に深夜に起きて函館へ行ってまいりました
6日に帰宅

今回思った事は
やはり・・GW時期は函館が良いよなぁ・・と。

さて
函館の事をもう少し

サクラ

朝6時
森町の桜を眺め
人が少ないと心なしか桜も寂しそうだなと。

イカ釣り

イカを釣ってやりましょう!!
と思ったのだけれど、人が多すぎて断念。

無論、この後
他の店舗(空いてるところで)
活イカを食し・・ウニ丼やらも食した。
イカはやっぱりこの時期ではないよねぇ・・

トラピスチヌで
見学などをせず
駐車場料金を払い
ソフトクリームだけ購入した。
ここのソフトクリームは
某ソフトクリームマニア
ランキング1位である。
300円+駐車料金と考えると、まぁ高いのかも知れませんが。

サクラ2

見晴らし公園にて
桜をまた眺めて・・

リス

リスにあった。

老夫婦がカメラ小僧のように
色んな角度から激写していて近づけなかった。

その後
熱帯植物園へ行き
サル

サル山を眺めていたら
人間と一緒で
必死に餌をとるサルと
マイペースなサルと
気が狂ったようなサルと

眺めている分には
この写真のマイペースな方が和むなぁ・・。

サルばかりでなく
ちゃんと熱帯植物も見ました。
熱帯植物と言えば
コレでしょ
ハイビスカス

私的にはこの赤いハイビスカスは
派手すぎて少し苦手かもです。

そして前回も行った
谷地頭温泉

谷地頭温泉にまた浸かり

怪しいラーメン屋さん
ごんちゃんラーメンへ

店主のおばあさんが
いかに自分の所の塩ラーメンが
健康的で塩分が少なめなのだ!!
通はコレぐらいで最高に美味しいのだ!!
と力説する中
もうちょっとしょっぱくして!!とは
言えない自分の小心が
なんとも恥ずかしくもあります。
でもチャーシューサービスして貰ったから良しと言う事で。

塩チャーシュー
しかしながら
チャーハンは凄く美味しい。
チャーシューも凄く美味しい。
ここは肉屋さんが経営するラーメン屋さんなのでね、納得。
この肉屋の前に車を止め(おばあさんが見張っててくれるとの事w)
函館公園へ
函館公園

変わらずレトロで
そして桜満開でしたよ。

この後、ホテルにチェックインして
駅前の居酒屋と大門横丁にて飲んだくれておりました。

朝にベイエリアを回り
函館山を車で登りましたよ。
函館

室蘭見えるかなぁ・・って見えるわけは無いが
海岸線がうっすらと遠く見えました。

その後
函館の蔦屋へ
蔦屋

まぁ・・
なんだろう、本屋として・・というより
本は凄く探しづらいのよ、多すぎて。
しかしながら
だからこそ、ずっと居られる気もするんだよね。
他の本に目移りしちゃったりさ
コンビ二もスタバもあるし、軽食も食べれるし
中にあるインテリアや小物もまた素敵なものが
沢山あるように見受けられました。

ここを満喫するには
ちょっとお時間が足らなかったかなと。
出来れば、ここは一人で来て長時間のんびりってのがいいと思う。

まぁ・・なんやかんや端折ってますが
今回の函館旅行はこんな感じ。

やっぱり函館は素敵な町だなぁ・・

室蘭の次くらいにw

函館を観光する。

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

ぺーぺーぺーぺー

誰かに住む街 聞かれたら
はい 函館と答えます
明るく胸はり 答えます
親子みんなが住みついて
いのちかけたい海の街
そんな街です そんな街です
はこだて

10/12
朝9時に室蘭を出て
途中でお金を増やそうと画策し
失敗に終わった11時。

それでもめげたりしない。

函館を観光するのである。

空は天気雨
虹が出ていたりもした。

なのになぜ勝てなかった・・(めげたりしてない・・よ)

しかも
仕事の電話が鳴って
明日の昼過ぎには現場へ行かなければならず・・(日曜なのに)

と言う事を踏まえると
あまり函館観光も出来ないよなぁとか思ったり。

急遽高速に乗り
函館へと急ぐ。

最初に向ったのは
後藤精肉さん

後藤精肉店さん。

メンチカツと串カツを咥えながら

函館市営 谷地頭温泉へ向う

谷地頭温泉

洗い場がこれでもか!と言うほどあるので
凄く快適にお風呂に入れましたよ。

その後
本日のお宿である
饗場


饗場

趣きのある外観
中もね
凄いんだよ。

饗場の中
饗場の中2

レトロ
と言えばひと言なんだけれど

アナログテレビが普通に見れる事に驚いた。
函館の坂
宿の横の坂を降りたらすぐ海が見えます。

立地がよくってね
ベイエリアまで徒歩5分
函館山も近いし
旧公会堂や旧イギリス領事館もすぐそば。

花見時期とかも利用したいなぁって思ったよ。

夕飯は・・
はせすと

やっぱりハセストとラキピでしょ!!

いやはや
焼き鳥弁当ってこんなにしょっぱかったっけ?
とか思いつつ

しょっぱいご飯で呑む酒もまた中々に美味しかった。

ラキピも改めて考えると
凄い秀逸。
普通のハンバーガーで十分なほど身厚だし
味のトータルバランスも流石のひと言です。

私は分厚いハンバーガーが上手に食べれないので
マックの薄っぺらいのが結構好きですが
函館に来たらやっぱりね、LOVEラキピと言いたいものです。

帰りにハセストの焼き鳥弁当を大人買いしようかと葛藤したのだが
米は家にあるしさ
焼き鳥本体は室蘭のが美味しいしなぁ・・
冷凍してもどうなんだ?とか考えるとね、どうしても難しい。

焼き鳥弁当は焼き鳥弁当だから美味しいのだしね。

この饗場さん
夕飯が出ないため、このような晩御飯になったのですが

どちらにしても
ハセストとラキピ食べたかったので、良かったなと。
ちょっとジャンクですがねw

しかしながら
朝食は+1000円で頼んでおきました。
饗場朝食

炊きたてご飯と
美味しいお味噌汁
頼んでよかったと思えるほど美味しい朝食でした。
これに
イカの刺身少しあれば
私が喜んだなぁと思うくらいかなぁ。

朝にベイエリアに下りて少しお土産買って
ダッシュで室蘭に戻ったと言う
慌しい函館旅行でしたよ。
函館山

でも楽しかったし
函館の雰囲気は室蘭と似ててやっぱり好きだなぁ。
函館の方が賑やかだけれども。

GWには

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

誰もが胸の奥に
秘めた迷いの中で
手にした温もりを・・


GWには
レアな温泉旅へ出かけて見ました。

八雲の見市温泉へ向ったのですが
途中八雲の湿度の高い蕎麦屋さんで蕎麦を食しました。
換気扇壊れてるんだべか?
蕎麦は良いね

天ぷらセットにて900円だったか
安いのに美味しい。
そばつゆが濃い目なので飲み水で調整。


見市温泉旅館

まぁ・・山奥です。
瀬棚から入るとすぐなのですがね。
露店風呂は夜中には星が綺麗で湯は熱め。
うん、私的には丁度良い感じでした。

晩御飯はね・・
晩御飯

悪くはないのだけれど
量が多いのと・・全部冷えてるんだな・・残念。
味噌汁がエビ汁で温かく美味しかった。

部屋はまぁ・・ね、宿泊7500円だから贅沢は言えないけれど
ブローチみたいに大きなカメムシと格闘しなければなりません。

日帰りで来て
注文してから作ってもらう晩御飯の方が良いかもです。
きっと温かいしさ。
旅館の人は人懐っこい感じ。悪くはないですよ。

晴れていた。

なんやかんやと天気予報の話より
ずっと晴れていて気持ちが良かった。風が酷かったけれども。


次のレアな温泉は・・
かわせみ

御宿かわせみ

北湯沢で見たことある!!とは思っていたけれど
いざ行くとなると結構わくわくしました。

露天風呂は川縁で混浴・・
混浴ですよ!!
チェックイン後
すぐに露天風呂へ行くと
綺麗なお尻が見えた・・が
若い・・男の子だったw

60~70歳位だろうか?ある女性が
物凄い隠しててチラッと目線をそちらへやろうものなら
フー!!って言う感じの女の人が居て・・
女の人は湯浴みOKなんだから着て来いよ!!とか
ちょっと思ったり。
隠されると見たくなるのも男心。
堂々と入ってれば
普通の人ならなんとも思わないのにねぇ。
凄く気まずかったよアハハ。
あの人どうやって上がるつもりなんだろうか?

晩御飯は温かい

なべの中はアンコウ鍋と豚肉の陶板焼き

秀逸と言うほかない。
味付けもさる事ながら一つ一つしっかりと仕事がなされていて
これで宿泊して6500円しか払わなくて良いのか?と思った。
刺身が普通って以外は素晴らしい出来でしたよ。

そして・・後で
煮ホッケ

どでかいホッケが煮物で熱々で出てきます。

旨い・・。
しっかりと色が濃いのに
しょっぱくない。
煮てるからなのか身がギュッと引き締まって
思わず、日本酒を頼まずには居られない。
日本酒を所望し
酒と一緒に煮魚を食べる・・

ああ・・至福だ・・。

酒が足りぬ

とまた所望すると・・

サービスのつもりで・・
なみなみに器に日本酒を入れて持ってきてくれた仲居さんが
テーブルのヘリにお盆をコチっとぶつけて
日本酒を若干こぼして可愛かった。

意味ないじゃん・・とは言えないなw

夜には
ワンカップを持ち込み
露天風呂へ・・

うへ・・昼にあった女性がまた・・

暗いからか
昼ほど神経質にはなってなくて良かったよ。

ここの内風呂は体を洗うにも狭く、湯船も小さいのさ。
露天風呂の広さが良いので
結構、混浴に否定的でも入らざるおえない感じはします。

朝食である

朝食・・
なんだよ・・これ・・
皿にチョコチョコ乗ってるの・・全部美味しい~><!!

ここの旅館は建物が古いけれど
凄く清掃もされていて良い旅館でした。

トイレも共同だったけれど綺麗で
いつ清掃してるのか?と思えるほど
夜中の3時に行ったら、ペーパータオルのゴミも無くなってて
トイレットペーパーが三角に折られていた。スゲー。

山側の部屋は夜中結構、大型の車の音がうるさいです。
物音で起きるタイプの方は川側の部屋を所望される方が良いと思います。


とこんなところで楽しんでいた田村くんでした。

| HOME | »

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる