今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-08

Archaic smile~Acacia~15

Archaic smile~Acacia~15
繋いだ手


改札の前
つなぐ手と手
いつものざわめき・・・


大連=アカシアの町

そう言われる様に
実にアカシアの木が多いこの街
沢山の品種もあるのだろう
未だアカシアの花が散り始めではあるが
町には少し残されていた。
舗道にポツン、ポツンと花びらが溜り
そこだけがスポットで照らされたように
白く輝いて見えた。

タクシーで通り過ぎる町並み
降ろされたその場所は

大都会と呼ぶに相応しい
ショッピングモール群だった。

リンリン:写真気をつけてね。
     スリ、強盗結構居るからね!


そんなこと言われてはカメラは出せないな。
確かに、すごい人並み
様々な人種で溢れている。

常務は買物買物♪と足早に前を歩き始める
田舎者らしく上や周りをキョロキョロしていると
デパートの中で1人孤立していた。

ヤバイ・・迷子になっちまったか?

そんな焦りもあったが
同じデパート内
いつか会えるだろうとか思っていた。


数分後・・


このデパート広すぎやしないか????

完全に自分の位置を見失って
一般的に迷子と呼ばれる現象に陥った田村くん。

迷子センターって中国語でなんて書くんだろうな・・。

ってそんな事言ってる場合じゃないな。

群衆の中、色んな匂いで具合が悪くなりながら
何とかせねば!!と額に嫌な汗をかいていた・・。

突然

何者かに手を引っ張られる・・

強盗か?
スリか?
その手は小さく少し冷たく
そして力強かった・・。


リンリン:探したよ!!もう、何してるか


いやはや・・本当に面目ない。
常務が笑いながら、お!見つかったなぁとこっちを見る。

なぜかしら手をがっちり握ってるのを常務が見て
ずいぶん仲良いんじゃない?と冷やかす。

ブンブンと手を振るもガッチリ離さないリンリン。

リンリン:また迷子になるよ!!

あちゃ・・完全に子ども扱いだわ・・。

その後、常務がトイレ行って来るからちょっと待っててな~と
一人で行動しようとしたので
私も後ろをついて行く事に。

ついてきてよかった・・

と私の思い過ごしかもしれないのだが

用を足す訳でもない中国の方が
じっと常務をうかがってるじゃありませんか!!

なんという事でしょう・・
とか言ってらんないな。

すかさず常務の荷物を私が奪い取る。

常務:どろぼーっ!!て田村かい!!

なぜにこの人は危機感が薄いんだろうね・・。

買物でその後グルグル廻っていたら
匂いで具合の悪くなった田村くん

なんでかな・・中国の人達が群集になると
異様な匂いがするんだよ。
匂いのキツイ食べ物が多いからかな・・

フラフラになりながら外へ出たときに
スタバの看板が目に入る。

よし、コーヒーでも飲もうか。

リンリン:私買ってくるよ!

おお・・すまないと100元を渡す(1400円くらい)
これで皆の分買って。

この時は気付かなかったのだが
実は中国でコーヒーが物凄く高いものらしい。

一杯30元以上するんだとか・・
なのでキャラメルなんちゃらとかだと50元くらいするのだ。
この後、それを知る事となるのだが
日本感覚で100元しか渡さなかったのだった。

-----------------
----------
相変わらず
携帯電話は鳴り響く。
せっかくだからこの間に全部連絡をしておこう。
もしもし
田村ですが・・
はい、その件はですね・・etc
---------------
-------------------

キチンと4人分買ってくれたリンリン。
ごめんね。
お金が足りなかったとかそういう事も一切言わないの。

おもむろに
私の電話を取り上げて

リンリン:もしもし・・リンリンです!
カッコイイね仕事してる姿。


そうか?
二つ折りの携帯がカッコよく見えるだけだろう。

リンリン:そうかもね!携帯もカッコイイよ。

おいおいソコは否定の方向だろうよw

さて、買い物もしたし、帰りましょ!!

常務が私の隣に来て
いきなりコソコソ話を始める

コソコソ・・

常務:お前さ、今日どうする?
田村:居酒屋マルで御飯食べて寝ますよ。
常務:女子は店に来てくれるもんだと思ってるぞ・・
田村:常務1人で行くと良いですよ。
常務:俺、あの気の利かない子嫌だもん!!
田村:じゃ違う子を指名すれば良いじゃないですか。
常務:いや・・俺ってばそういう事も出来ないんだなぁ・・
田村:じゃ常務はどうしたいんですか?
常務:違う店に行ってお持ち帰りをしたいなと。
田村:じゃ、そういう方向でお話しましょ。

リンリン:何喋ってるの?

あっごめんね
明日飛行機が6時に空港なんだよ。
だから今日は早く寝なきゃって話。

リンリン:田村さんは今日店に来ないの?
ま、単純にそういう話だね。

リンリン:仕方がないね・・明日空港へお見送りに行って良い?

いや、朝早いし気にしなくて良いですよ。

リンリン:今度来る時があったら、私店休むから連絡してね!
     一緒に旅行でもしましょ!!

何回も言ったが遊びできた訳ではないからね!!

リンリン:次は観光でおいでよ。
出来たらそうするよ。

常務も女の子に説明しているようだ。

上手く話を伝えたのだろう。

満足げに私の元へ来て
女の子にタクシー代あげたか?と私に聞く。

いや、あげてないですよ。

常務:駄目よ帰り困るしょ。

そっか、そういう心遣い大事だな。

リンリン、タクシー代あげるよ。

リンリン:いらない!!

ぬ?良いやつだな・・

リンリン:だってわたし帰らないもの!!

ほ・・ほう・・

リンリン:私が店に行くまで一緒に居ようよ!

しかしだな、常務がアレだし、)('&%$"#$%&'(//

リンリン:迷惑?

うーむ、中途半端な答えじゃ駄目なんだよね。
ごめん、リンリン帰って荷造りして
早めに就寝したいんだよ。

リンリン:・・・。
     じゃ・・買物でもしてから帰るよ・・。


そうか・・気をつけてな。

リンリン:実はね・・ホラ・・ココ・・
おしりを近づけてくるリンリン。

え?ええ??えええええ??

リンリン:ここちょっと破れたの・・。新しいの買わなきゃ。

確かにワンピースの下あたりがちょこっと破れていた。

リンリン:欲しいのあるんだけれど、ちょっとお金足りないの。

で、幾等あれば足りるのさ?

リンリン:400・・いや・・700・・

お前・・中々ずる賢いヤツだな・・

リンリン:ズルクない、素直と言って!

ま、なんにしてもガイド料も払ってないんだ、良いよ。ハイ。

リンリン:ごめんね、でもあなたに買ってもらったって店で自慢するの。

リンリンにかかったら日本人は大体メロメロにされるなこりゃ・・。
正直、参った降参!!って感じ。一枚も二枚も上手だわ。

と・・なにやら常務の方で揉めている。

常務:お前がそんなに女の子にお金あげるから
   こっちの女の子も騒いじゃうべさ!!

女の子:私も足りないよー田村さんはアレだよーズルイよー

常務:お前さっきそれで良いって言ったじゃん!!
女の子:)(’&%$#$%&’()+‘=‘*


常務:田村ぁああああ!!


リンリン・・お前のせいだからな。
リンリン:あの女、私嫌いなんだよね・・。
ここでカミングアウトする?ソレ・・。

結局、常務は女の子にタクシー代のほかに200元奪われたようだった。

不服そうに居なくなる常務の女の子・・

片や対照的に
リンリンと私達は握手をして元気でと笑いながら別れた。


常務:お前の女の子、結構Sだけどおれ好きだなぁ~。
田村:したたかですけれどねwいい人でしたね。

夕暮れに染まる街中で
どうやってタクシーを捕まえようか
この後二人はややしばらく格闘するのでした・・。
常務・・そろそろ・・中国語話しましょうよ・・。


常務:タクシー!日航ホテルまで!!

運転手:???????

田村:大連日航飯店!

常務:お前が居ればなんとかなるなぁ~
田村:・・・。俺初めての中国なんですからね!!



次回Archaic smile~Acacia~16
若者達は・・

  突然の電話

                こぼれる涙・・

ありがとう。
 再見謝謝

             さよなら・・


へ続きます。
スポンサーサイト

コメント

皆さんサラリとしていていい感じですね。
すごく楽しそうな感じが伝わってきます。
田村くんの文章を読んでいると・・
それでも(?)中国って悪くないと思えます。

サラリ。

watanabe様
実際は女の子と歩いていても
ずっと電話しっぱなし。
迷子になったのも、まぁ電話のせいなんだけれど。
にしてもです。
日本に慣れきっていると
色々危機感があったり
不便があったりで
スリルを味わえるかもしれません。
でも
私は今回色々な人に会ったけれど
みんな凄く良い人ばかりでしたよ。
そう、悪くは無いでしたね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1175-f03cd4a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる