今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-06

あの夏の花火。

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

遠くから
胸震わす
音が聞こえてくる・・


皆様
こんばんは

今年一度も花火を見ていないので
ロングランでも見に行こうか?とも思う今日この頃
暑いですね。

さて
今日はホテル時代の事を少し

札幌パークホテルに居た頃

豊平の花火大会を見れる
テラス席というすばらしい場所があります。

日高五郎さんとかもきたりするんですが
子供を連れてくる奴は常識がないんだ!!とか五郎節を炸裂させます。オソロシイ。


しかしながら
元々何もない場所にテーブルと椅子を設置し
重たいビール樽とかジョッキ・・
さらに・・移動式ガスコンロまで・・うへ・・

設営するのには
窓から手渡しという・・過酷極まりないのです。
と言う事は
サービスマンの出入りも窓からと言う事になり

なので
窓枠を大股で跨ぐ
女子サービスマンのスカートの中が気になって仕事がおろそかになったりします。

うん、素敵な仕事でした。

しかしながら
このテラスでの作業
料理場とも遠く
ましてやドリンクの運搬はさらに遠く
ギャベレージ(生ごみ捨て場)へ持っていくのに
窓から出すので
液体等で多少制服が汚れ、悪臭を放ちます。
しかし!!決して悪い事ばかりではないのです。
(破廉恥なことは別として)

通常の室内宴会の怖い黒服達と離れ
自由で活気ある職場になるのです。
まして
花火を見ながら仕事が出来るなんて素敵でしょ!

ともなれば・・恋愛だって発展したり・・

と言いますかね

私と言うよりは
学生アルバイトさん達が浮き足立って見えます。


学生男子:あっ俺持っていくよ。
学生女子:えっ良いよそんな重くないから・・
学生男子:気にすんなよ・・
学生女子:あ・・ありがとう・・


とか言ってる間にちゃっちゃ運べ!!

とか思う田村君はこの頃彼女が居たのでね。

花火綺麗・・
そうだね・・

とか言ってる学生に

コレ4番持ってて!!と少し冷めた口調で言うのです。

まぁ・・大体浮き足立ってる輩というのは
恐ろしい事をしでかします。

ジョッキ一ケース・・ほぼ全損とか・・。

ジョッキを窓から出す時に少しふざけて
窓の外側に居た輩が室内の人に持たせすぎたと言うところか・・


けたたましい音の後

先輩サービスマンに裏でキッチリとヤキを入れられる学生さん。

ちなみに
ジョッキはサッポロビールさんから借りている物なのです。

その日から
その学生さんは名前ですら呼んでもらえず

ジョッキ!とか言われるのです。

そんな学生さんは、女子の親玉的サービスマンから

カス扱いされ・・やはりジョッキと呼ばれるのです。

そんなだから
女子人気もガタ落ちです。カワイソウに・・。

こうして学生アルバイトは辞めて行ってしまうのです。


一回の失敗で挫けるな!!とも言いたいのですが

一度の失敗で人権すらなくなるのです。

いつもそういう緊張感の中
仕事をするのは大変でしたよ。


話を戻します。


テラス席のサービスは
いつも足りないものとの格闘なのです。

つまようじ
醤油
ケチャップ

紙ナフ

醤油を使う食べ物じゃないんだが
醤油をかけたい人はいるのです。
しおっけが足らないと言う人もいるのです。

その為に
一番遠い宴会場の棚までダッシュしなければなりません。

とは言え・・

そんな下っ端の仕事
私はしません。


が・・


下っ端だと貸してくれないのです。
まず、見つけれないという事もあります。

手ぶらで帰ってくる学生さんに少々イラつきながらも

優秀な学生に頼もうかとも思うが

結局は私が行ったほうが早い気がするってなもんなんですな。


基本、醤油さしや塩など
各宴会場で管理している為
信用できない人間にはあまり貸し出さないのである。
そこを上手く頼み込んで
必ず私の責任で返しに来ますから!!とでも言って来ればいいものを。


醤油が来ないお客様は大層ご立腹になるものなのですよ・・OTL


何分待たせるのよ!!


花火を見ると
すこしだけ・・しょっぱい匂いがしますな。
スポンサーサイト

コメント

札幌パークホテル

田村くんのホテルの話・・少しだけせつない感じが好きです。
青春なのね。
ところでこのホテルに私の知り合いがいます。
あっち行ったりこっち行ったりしているので同じ時期に働いていたかどうかはわかりませんが・・

花火見てないっすなぁ
最後に観たのは3年前。

今年は観に行けるかなぁ(-公-*)

ホテルマン

パークホテルは
グランド系列なので
社員さんであれば
あちこちに行くかと思います。
きっと、営業系なのかな?

水鳥の水面下と水面上では
全然違うのと一緒で
ホテルマンも表面上は優雅でも
裏ではメッチャ汗を掻いて働いています。

せつない・・そうですね
少し淡い青春な気持ちで書いています。

これからは機会に。

あま様
花火大会の「アベック」(死語か?)の多さ
あれは一人身の切なさを満載させるものですものね。
今年、そして来年には
アベックの中にあま様も入っている事でしょうw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1183-386a55a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる