今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-06

電話に・・でんわ。

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ


見えない
壁が
君のハートに
立ちはだかってるのを・・


着信60件
発信20件

計80件

単純に一回5分だとしても

400分=6.7時間

昼休みを抜くと
8時から夕方4時までびっしり電話してる事になるなと。

私ってばお話好きね♪


そのうち携帯電話がブルッとなるだけで
舌打ちするぐらいヤサグレます。

便利な世の中だけれども
ちょっとやりきれないですな。ふー。

会社の電話も取ってるんだからもっとお話をしてるんだろうかね・・
はぁ・・疲れた疲れた。

さて皆様
こんばんは。

今世紀始まって以来の忙しさに
多少嫌気が差しております。

ホテル時代の130テーブルの裏をやらされている気分だわ。

にしても

なんだか疲れが抜けないですね。

ゆっくりとすこし休みたいです。

初雪見ましたねぇ~
寒いねぇ~

あっそうそう

初と言えば

この前、初めて手打ちした蕎麦をゆーじ君がくれました。
蕎麦の入れ物

こずとゆーじくんがそれぞれ打ってくれた蕎麦が
両方入ってました。

おお・・
ゆーじ蕎麦

もうプロ並みに上手じゃないか!!
ま、さすがゆーじくんと言ったところか。

さてさて、こずちゃんのは
こず 蕎麦

さすが・・の一言。

ここの域はさすがに・・神です。

茹でて食べると
ハッキリわかるのですが

まっすぐに
喉元を清々しく通り抜ける蕎麦。
んでもって蕎麦の歯ごたえの良さ。

均一に練り上げた
蕎麦玉から
均一に広げたそば板を
均一に切り揃えられた蕎麦・・


ふー・・



うん


ゆーじくんのだけで食べれば良かったなと。

いや・・

だってね
ゆーじくんの蕎麦だって十分素敵な蕎麦だったんだもの。

この日の昼に食べた
伊達の有名蕎麦屋さんの蕎麦なんて
すでに楽勝で抜き去ってますし。

しかしながら
こずちゃんの蕎麦の域の高さは
そうそうこえられるものではない。


けどもさ、ゆーじくん美味しかったよ。

んでもって
きっとあなたの事です
沢山練習を重ねる事でしょう・・

そして

蕎麦を消費しきれなくなるでしょう。

そうしたら
田村くんが食べるから是非、我が家にお持ちくださいね。
スポンサーサイト

コメント

まいど。

お褒めの言葉ありがとうございます。
田村くんに褒められたらチョット鼻高々ですね(笑)
とはいえ、名人様がマンツーで「はい、お水そこまで」とか「延ばし方はこう」とかを教えていただければ、素人でも何とかなるものです。



やっぱりもっと上手に打ちたくなるものですねー。
「そう思ってからが難しいんだよねぇ、楽しいけど」と彼女様がおっしゃっておりました。

なんにせよ、良い先生のおかげであります。

待ってるよ♪

ユウジ様
蕎麦美味しかった
本当にありがとう。
沢山練習すると良いと私は思います。
んでもって
私のところへ処理させにお持ちください。
それであれば
私もめんつゆ製作致しますので
前もって連絡のほど
宜しくお願いいたします。

確かに先生が良すぎるよね。
なんとなく
蕎麦打ち風景が思い描けますw
厳しい事言ったりするけれど
たまにデレが出るから、ドキドキしますね。

蚊のなくような
たよりない声で
田村くんの名を叫んでみたからね♪

いっぱい電話かかってきて
すんごいことになってるみたいだけど
体力気力落とさないようにね!

寒くなってるしね!


おそば、おうちでこんなにすごいのうてる人は
おそば屋さんに行かなくてもいいねー。

田村くんのそばつゆ&天ぷらがあったら
お店も構えられそうだねー。

あ。

カレーも出してね!

おそば屋さんのカレー。

eru様
あはは
和だしを効かせたカレーも美味しいですよね。

色々変調をきたしていますが
そのうち何とかなるんだろうと思います。
忙しいほうが
それらをごまかせていけそうな気がします

蕎麦打ち上手すぎて
店より美味しいってのは
店をいつでも出せるのだろうなと。
でも、名人さんが言ってました。
趣味だから最高級の蕎麦を使えるんだそうです。
どうりで美味しいはずです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1210-636fa37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる