今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-08

銘酒祭レポ

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

けぶる
木漏れ日浴び
ふと気付く
春風の奥思い出す。


皆様
こんばんは。田村くんです。

最近の流れ

朝、書類をやっつけていると
電話が鳴り
イソイソと客先へ
昼頃・・暇かも!!と思うと
夕方から忙しくなる。
むぅ・・

ま、暇かも!と思える時間があるだけマシか。

4月の9日
一年に一度のイベント

銘酒祭りが行われた。

パンフレットです。

今回は親父殿がお金を出してくれて
なんとも有難く、ただ酒を飲ませて頂きます。

会場内

今年も大盛況です。
全員飲兵衛ですな、きっと。


さて
私はですよ・・

日本晩酌友の会、“副会長”の田村くんです。

VIPなわけですよ。

洞爺町長と同列・・いやこちらの方が格上の存在なのです。

つまりは・・
最前列

ステージ中央の最前列!!

ファンクラブだって中々手に入らないですよフフフ。

と言うのも

銘酒祭りが行われる1ヶ月前
室蘭市内にある
酒の酒もとさんの店主に
田村くんの席が一番後ろだなんてありえない!!
ぐらいなお話をしたところ・・

田村副会長がご列席賜れていたとは・・

という話になり

ま、今回妥当な席になったというわけだ。

信じるか信じないかはあなた次第。キラーン!


酒蔵の写真は
飲むのに一生懸命になり過ぎて
忘れてましたが

今回、目を引いたのは

るみこの酒の山廃吟醸のお酒。

山廃と聞くと顔をしかめる人も少なくない
しかしこのお酒は、山廃臭いと言うのではなく
全体を包み込むような芳醇な香りが山廃であり
奥から少しづつ溶け出してくるような甘露な甘みが
酒本来の持つ力強さが後に広がる
いいお酒だ。

燗と冷どちらでもいけるが
香りを楽しむならやはり燗か。

しかもこのお酒は
発売する前に
一年間蔵で寝かせていると言う。

酒蔵の人の話を聞きながら
そのこだわりをヒシと感じます。
るみこの酒

もう一つ
目にしたもの

普段あまり飲まないお酒
それは
梅酒。

甘ーーいし
女子供の飲むものだと。思ってた節がある。

しかし!!

甘いのは私であった。

日本酒作りの梅酒
風味を損なうほどの加糖はせず、日本酒の甘さと梅の香り
それを楽しめるのはこちら。
梅日本酒

八海山さんの
この梅酒

どんなものかと口にした瞬間・・

私は
越後にいた
季節は春・・
梅に鶯
その奥にある武家屋敷から
雅楽が流れる。
荘厳な空気の中
せせらぐ川の水面に一輪の花が浮かび
その一片を手で掬うと
その水は・・

おおお・・・それが・・これだぁ。

というような味わいです。

ま、甘くない梅酒
こんなに美味しいとは思いませんでした。

夕食ですぜ

乾杯前のお膳です。

もうちょっと酒好きを理解すべし。

夕食を楽しみたいのではなく
酒を楽しめるものが大事なんではないか?
と私は思うのです。

じゃんぼ様

今年のじゃんぼ様はキレなかったなと。

例年、主催者側に
ステージ上でちょいキレ気味で話すのが慣わし。

うん、日高さんより
私はジャンボさんが好きだ。

ジャンボさん頑張ってくれ!!

そして
無事
この銘酒祭りを終え


親父殿が部屋に戻るなり

レッド兄が最高のワインを買ってくれたのだと


そしてさらに語る・・


お前ら知ってるか?

そのワインはな・・

コマネ ロンティーだ!!






ざわ・・

 ざわ・・  ざわ・・
   ざわ・・








↓↓↓
もしかして: ロマネ コンティー


その晩

銘酒祭り会場でたらふく飲んだにもかかわらず

部屋でワイン2本
ビールを12缶空けたそうですよ。

ピンク、レッド、ブラック、イエロー

翌朝には呑み過ぎたと猛省。

絶景かな

洞爺湖は相変わらず美しい・・。

ブルーよ
遠く離れた我々をどうか許してください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1264-255721d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる