今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-11

そうだったのか?!田村くん2

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

ボロボロにKOされる夢を見て
君にしがみついた。


前回から引き続きまして
アジアの自分なりのまとめを書いていこうと思うのです。

まず
東北の地震について

サッカーのチャンピオンシリーズにて
韓国サポーターから
「日本の大地震をお祝い(し)ます」
などと横断幕を掲げられた事は大変残念に思うのですが

反日と言われる韓国から義捐金届いております。
悪い人ばかりじゃないんだなぁって思うのです。

2011/3/28日調べにて(公平な人がまとめたものを抜粋)

16億円!!(現在は40億円以上とも言われています。)
支援物資も沢山頂いたのです。

韓国の有名人も多く助けてくれました。

よく掲示板ではこの内の8割は竹島保護に回されたとか言われるのですが
一部の韓国の市の決議でそうなった事案がある為で
全部が全部そうではないと私は思っております。
もう一つ
人道支援については犬2匹と5人しか来なかった等と言われていますが
それは先発隊の人数で
後発隊は102人も派遣されています。(外務省HPより)

暗に韓国が嫌いってだけで事実が捻じ曲がっている感があります。

韓国の方に私は日本国民としてお礼を申し上げたい気持ちです。


さて
台湾の方ですが

韓国と同時期
180億円(現在240億円とも言われています)
支援物資も無論沢山頂きました。

台湾は自国の震災より
日本の震災への義捐金の方が多いという程
民間からの支援が多かったのです。

この金額の多さに
感謝を表す日本人も多く
先のWBCでも台湾への義捐金感謝プラカードが
多く見られたのです。(なぜかTVでは映らないが)

この義捐金の多いという背景には
政治的な思惑もあると言われています。
中国に所属するのが良いとする派閥と
独立すべきと考えている派閥がある為なのですが

独立派には親日体質があり
メディアなどとタイアップして義捐金を多く集め
・・日本への心象を良くするとも言われています。
独立には日本の力が大きく関わる事を想定しての事という見方。

真偽の程はわかりません。

が、これだけの義捐金が集まった事
それは台湾の方々の気持ちがなければありえない事なのは確かなのです。


ここで言いたいのは
金額の大きさではなく
親日国も反日国も助けてくれた事

それに対して
あまりにも礼が欠けている反韓運動(新大久保などで行われている)
に対しては
私としては同じ日本人として恥ずかしい気持ちもあります。

また逆に
国としてアメリカ・中国・韓国にはすぐに
感謝の新聞広告を出したのに対し
これだけ支援してくれた台湾には国としては何もしていないのです。
これは中国に対しての配慮と言われていますが・・
それもなんとも嘆かわしい気持ちになりました。
指名献花(国を指名して献花をする事)
も昨年、台湾は外されていたのです。

上記のことを知らない人も多くいますよね。私もその一人。

日本のメディアでは取り上げられない事が
海外のTVでは結構普通にやっていて
なんだかおかしい?って思うのは私だけでしょうかねぇ。


最後に

台湾にも反日教育があった事実。

戦後中華民国統治下で
反日教育が行われていたのですが
台湾には根付かなかったと言われてますが
それは心温まるエピソードの数々が
口伝えにて台湾で語られたからとも言われています。
中華民国統治初期のあまりの酷さも
反日教育が根付かなかったのだろうと思うのです。
(ちなみに中華民国は中華人民共和国とは違う)
日本は台湾の主権を放棄したが
その帰属先が明言されていないので
それが今の台湾の地位未定論となっております。
それはどういう事かというと
今の中国には
中華人民共和国がある前に中華民国があったの
そこに日本は行政権を中華民国へ委譲したのだが
中華人民共和国に中国の行政権を奪われてしまう。
その時に中華民国は台湾へと退いて今に至るわけです。

委譲なわけだから
日本国に帰属できるんじゃない?
という台湾の人もいる。そういう思いも親日へ繫がっているかも知れない。


ではなぜ韓国は反日なのか・・
戦後韓国はアメリカの庇護の下で日本から離れ
国を再編する必要があった。
結果的には当初目標の独立がなったわけなんだが。
いわば戦勝国に統治と言うところが
韓国の人が自国は戦勝国と勘違いする要因の一つとも言える。
だから戦後賠償とか言うのかな。
我々は日本に迫害されていたという方が
何かと都合が良かったとも言えるし。賠償の事でもさ。
いろんな要因の元、反日スタンスの方が戦後有利だったと言える。
歴史がもうね、韓国の自国民ですら良くわからないことに
なっていると言う韓国人の書込みを何かで見た。
それはそれで何やら恐ろしい気もするけれどもね。

国民的な感情としては
中国や韓国の敵はどうしても日本だし
(もう今更どうしようもないのかな)
台湾だけでなくアジアの全域は親日が多いんだよね。

反日も親日も
歴史背景があっての事だという所が私の見解です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1438-a5c0beb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる