今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-09

そうだったのか?!田村くん3

押してみると今の田村くんの順位がわかるんだから。

こちらも。
人気blogランキングへ

光の中で
揺れてる
お前の微笑み・・



台湾やタイ、インドネシアを大好きになってだな

韓国と中国に対してケシカラン!!

の説明を今回はしたい。

時間に
余裕のある方はまず下記サイトを見て欲しい。

韓国はなぜ反日か?

これを書いた人は
私の何倍も勉強してかいたのだろうなぁって思う。

私もまずこのサイトを参考にした。
そして、事実を確認する為
色々目を通したが、およそ良くこんなに調べれたものだと関心したよ。

これ見たら
確実に韓国の人を嫌いになってしまう。

しかし、韓国を嫌いになるのは良いとしても
韓国人を嫌いになるのはどうか?

前回にも書いたしこのサイトにも書かれているが
歴史認識と反日政策の結果なのだと思うのです。


もはや取り返しがつかなくなってるかもだけれども。


っよし!!
韓国の人が日本人に良いことをしてくれたエピソードを
色々検索して紹介しようじゃないか!・・

無い・・

タイも台湾もインドネシアもパラオも簡単に出てくるのに・・。

相互間的に何かかしら出てくるのに

悪い事ばかりしか出てこない韓国・・
グーグルに何かしらのフィルターでもかかっているのか??

悪い事はここでは紹介しない
書くだけで気分が悪くなるし、それを皆にも思わせたくないしさ。

なので心温まるエピソードを紹介します。

皆さんは、「陽炎型駆逐艦 雪風」という艦を知っていますか?
とても不思議な運命を辿った艦で、日本と台湾にとって大きな意味のある艦です。

駆逐艦雪風は、戦艦大和と共に沖縄に随伴。
激戦を耐えぬき、帰還した奇跡の艦。
(日本の戦艦はほぼ壊滅したのに)

雪風が戦後、どうなったかご存知ですか?
戦後、台湾に。艦名を台湾の人が、丹陽と名づけます。
なんと、台湾の旗艦を務めます。

日本国から戦後賠償として台湾へ接収されることになったのですが
日本の乗組員たちは最後まで入念に整備を行い
連合国側から「敗戦国の軍艦でもかくも見事に整備された艦を見た事が無い。まさに驚異である」
と感嘆された程綺麗にされて譲渡したんだよ。

連合国は日本の戦争の英雄とも言える雪風だからこそ
戦後賠償として接収せねばならなかったのだろう。

その後も台湾で幾つかの戦争を経て
撃沈することなく、台湾を大いに守った。
老朽化を理由に解体されたのだけれど・・
舵輪と錨を日本へ返還してくれたんだ。
舵輪は江田島の旧海軍兵学校・教育参考館に、錨はその庭に展示されている。
また、スクリューは台湾の左営にある海軍軍官学校に展示されているんだよ。

そして丹陽の名前ってどんな意味なのか・・

赤い太陽という意味なんだ。

戦後諸外国から日本への風当たりが強い時だったのにね。

胸がちょっと熱くなった。


もう一つ
こんなに良くしてくれた台湾に
台湾9.21地震の際
日本人は何をしていたのか?と気になった。

募金もしたようなしてないようなそんな気分だったが・・

多くの心ある日本人がいて
義捐金も各国の中で一番多く集めて届けたらしい。


今回の日本の地震の時はそれのお返しって台湾の人がブログで言っていた。

台湾の人がなにより感謝したのは
救援隊の迅速な対応だった。

この地震時
世界各国の中で
もっとも早く救援に駆けつけたのが、日本の救助隊であった。
先乗りの1名は発生当日の現地時間16時20分には台北に到着。
続く第一陣15名は
同日の20時50分には台北に入り、以降続々と現地入りしている。

いかに日本と台湾の距離が近いとはいえ、この編成、準備の早さは驚異的である。
また、合計145人という人数は、各国救援隊の中で最多であった。

台湾に入った救助隊は、寸暇を惜しみ現地入りすると
昼夜を問わず救助活動にあたった。
その時、多くの台湾人の胸を打ったのは
残念ながら助けられなかったご遺体の前で
整列して頭をたれ、黙祷する日本救助隊の姿である。

四川大地震の時もそうであったが
中華にはないこの風習・文化に、多くの人が感動した。
日本救助隊が、役割を全うし、帰国のために台湾・桃園空港に現れた時
驚くべきことが起こった。

税関の職員が全員総立ちになって
深々と最敬礼し、職員や空港にいた人々から、期せずして拍手が沸き起こったという。
その光景を見守る人々の中には、感涙に咽ぶ人もいた。

驚く事に台湾の地震一周年の記念切手3種のうち
12元切手には日本の救助隊が描かれています。

救援隊の方が言うに
丁寧な日本語でねぎらいの言葉を寄せたり、食事を提供して
くれる人も多い。被災地のそれも最も被害の甚大な場所にいな
がら、食事や水に困ったことがなかったと。


韓国の最近の言動や行動
台湾の最近の言動や行動

ここまで違うものか・・とね、やっぱり思わずにはいられない。

色々知るたびに
やっぱり台湾って素晴らしい国で素晴らしい人が
沢山住んでいる気がしてならない。
台湾ありがとう

本当にありがとう・・と私が言うのは
違う気がするけれどそれでもやっぱり、感謝してしまう。

また冒頭のサイトには台湾以外の
感動エピソードも抜粋されていた。どうか見て欲しい。

長々と書いたけれど
お付き合い頂きましてありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/1439-d91d4556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる