今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-10

じいちゃん・・

田村くんの順位は今・・気になる?押すとわかるよフフフ・・

人気blogランキングへ


今日は親戚のおばちゃんから
電話があって、じいちゃんの検査結果とこれからの治療の話が病院から
あるので一緒に来てくれないかと・・
親父殿は今日どうしても抜けれない会合があり
私しかいないしな。

で、病院側から患者本人に悟られず
事前に家族の人とお話したいとの事。
その後じいちゃんに説明。

嫌な予感がする。




検査結果
消化管間葉系腫瘍 (gastrointestinal mesenchymal tumor略してGIMT)
は大まかに、筋原性腫瘍、神経性腫瘍、そしてGISTを含むそれ以外の腫瘍に分類される。
GISTの起源となる正常細胞が何であるかは未だ定説に至っていない。
増殖形態や細胞分裂数、細胞異型などが他の種類のGIMTなら良性に相当する程度のものであっても、ときに遠隔転移を来すことから、臨床的には低悪性度の腫瘍として扱われる。稀に、明らかに肉腫としての形態を示すものもあり、これは高悪性度の腫瘍として振舞う。
切除可能であれば外科治療が第一選択とされる。
切除困難症例に対して、または術後化学療法としては
チロシンキナーゼ阻害剤であるイマチニブ(imatinib,グリベック®)
が投与される。イマチニブによるKIT蛋白の阻害によりGISTの増殖が
抑制される。

上の事を大まかにまとめると
原因不明な低悪性の腫瘍(癌ではない)でたまに転移などもする。
切れれば一番安心。
だが転移部位、進行状況では手術は不可能で
この腫瘍の成長は著しく早い。
なので、グリベリックという薬を飲む。
これが、継続的に効果を発揮すると腫瘍は小さいまま継続し
命に至る事はない。
が、完治することはほぼ無い。
しかしながらこの薬が効かない場合
かつ、手術が困難な場合は・・
腫瘍の成長スピードにもよるが
半年~1年ほどで死にいたる。(治療前の進行状況によるが)

今日病院で先生に検査結果を聞き、
じいちゃんとまた一緒に説明を聞いた。

じいちゃんには死のイメージは伝えたくないので
先生に頼んで、薬飲めば直ると話してもらった。

病気に対しての考えが最近変わってきて
ある程度のことを言われても
ショックは受けない。
母の一件から末期だなんだと
慣れっこになっているのかも知れないが・・。

結局結果を聞くときは病気になってしまった後の説明が気になる。
病状ではなく、治療法ということ。

病院の先生は言う
もし、薬が効かなかった場合は確実に死にます。

つまりは、この“グリベリック”と言う薬しかないと言うんだ。
この薬が出てきたのもここ数年で
ある意味では、今現在で最も特効薬と呼べる物らしい。

うん、まあ、ネットでも調べたがそういうことなんだろうな。
だけどさ、薬頼み・・・。
医者より薬。

とりあえず
治療の選択肢の無さに驚きである。

じいちゃん、死ぬな!とは言わないが
俺が結婚式挙げるまでは元気でいてください。
お願いです。
スポンサーサイト

コメント

ただただ薬が効くことを祈ってます。
お大事に。

おだいじに

治療の方法がある、ということが救いですね。
おだいじにしてください。

ほんとうだねえ。

田村くんが可愛いお嫁さんをおじいちゃんに会わせて、ひ孫を抱っこ
してくれる日まで元気でいてください。

おじいちゃんの歳の人は働いて、働いて・・・だからもっと楽しい事
いっぱい味わって楽していいのに。
楽なんて出来ない性分でしょうが・・・。
うちの義父も頑張って治療してるから。
薬もずい分効くように今の医学はなってるみたいだから、
治療・投薬を積極的に受けるような
バックアップをしてあげてください。

家族も大変、本人はもっと大変。
応援しています。

ありがとう

ROQU様
死を感じてもいい年なのかも知れない
じいちゃんは・・
けれど長生きで
生きて欲しいと願います。
色々じいちゃんとは、話をします。
本当に面白いじいちゃんなんです。
このじいちゃんしか、もう祖が付く人がいません。
だから、本当に100でも120でも長くいて欲しいです。

治療の方法

馬 闊多様
ミクシーいつも読んでます。
最近の動向を逐一チェックです。

治療がまだ出来るのは幸せなのかも知れませんが
出来れば沢山の治療の選択が出来ればいいなと思っています。
今の所、グリベリックにしか頼れないのですが
これから2週間が勝負です。
じいちゃんにその意識は無いにしても
孫の私を含め皆一様に心配と期待をしています。
良くなることを祈ります!
正月にじいちゃんとお酒を飲みたいしね。

お互い頑張りましょうね。

eru様
いろんな意味で
eru様も大変なことでしょう。
人それぞれ大変な思いは違うものだと思いますが
大好きな肉親が大変な病気になっているのは
すごく、親近感を覚えます。(不謹慎ですね)
でも、病人を取り囲む我々は絶対悲観的であってはいけませんし
勇気付けてあげる存在なのだと思っています。
いつもじいちゃんに辛口な私はいつもより
余計に辛口です。(酷いかな?)
もっとじいちゃんと居たいし、本当に結婚式も見せたいです。
早くまた、コークスストーブの横で二人して寝転がりたいなと
思っております。
でも、すごっくノビタなじいちゃんなんですよ(笑)

色々大変だね

実は私のじーちゃんも肺に腫瘍らしきものをつい最近発見されました。確定診断はついていないのだけど・・・。
確定をつけるには、気管支鏡という検査を受けなくてはならず、
じーちゃんはもう90歳だから、確定診断をつけたとて、苦痛を伴う積極的治療まではしなくていいだろう、という家族の決断で
今のところ、対症療法で経過を見てるとこです。
じーちゃんには長生きしてほしいけど、そう願うのは家族のエゴ?なのかなあとも思ってみたり・・・。
田村くんのおじいさんは薬が効くといいね。
(副作用が少ないことを祈ってますよ)

おはよう

デス様
エゴ・・ではないと思いたいですね。
生きた分だけきっと楽しい思いも悲しい思いも
あるのだけれど
出来るだけ楽しい思い出を多く生きて欲しいな。
デス様のおじいちゃんも長生きできるように祈ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/153-5d88636f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる