今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-08

最後の花火・・

何位なのか、最近気になるようになりましたなぁ・・
落ちてても、あがっててもなんだか面白いものです。

こちらも。
人気blogランキングへ

ホントの幸せ教えてよ・・
壊れかけのれでぃお・・

皆様こんばんは。
そうこうしている内にあっという間に秋に近づいていきますなぁ・・
朝晩は過ごしやすいですものね近頃は。

さて
昨日は・・
火祭りなる洞爺湖の大きな花火大会に行ってまいりました。

今年で最後!!らしいです(泣)
なんかね・・
協賛金が集まらなかったり
昭和新山の中の商店街の人達が非協力的だと言う話も聞きましたな・・。
なんにせよ胆振管内の最大規模の花火大会を
どうか存続して欲しいものです・・。もう遅いのかな・・

しかしながら、最後と限定に弱い田村くん
しっかりと見てこようと思いまして行って参りました。

茶屋のマスターとK子様と彼女様と田村くんで。

ちなみに日中に田村くんは、仕事の延長的な事をしていた為
遅ればせながら彼女とバイクで後から駆けつけた次第です。

場所取りや、シートや毛布など全て用意してくれていた
マスターに感謝ですな・・昨日は大変ご迷惑をおかけしました。
ありがとうございます。

花火がメインですが、花火の前のマッタリ時間がやはり楽しみの一つ
屋台でたこ焼きやら、焼き鳥やらで幸せな時間を過ごしました。

トランプで年甲斐も無く熱くなったり
彼女様とスピードをやりましてコテンパンにやっつけたところ
楽しくない!!とトランプを投げつけられたり・・

K子さんは、ホントね、ハニカミ屋さんで可愛い。
マスターがすねたり、なんなりすると、ほっぺたを赤くして
それなりに何かを返そうとする姿は、萌えもんですな・・。
仲がよさそうでなによりです。

・・花火・・

暗闇に沢山の閃光と歓声とを交互に
闇夜にうつし出された、大輪の儚い花たちを眺め
彼女様は涙を流していましたなぁ・・ビール飲みながら。
流して、補充というところでしょうか・・

でも最後に相応しく、物凄く綺麗な花火でした。
泣けるってのはちょっとわかるかも。

んで帰りの事
大体、子供とかは眠くなるとぐずったりして
泣いたり、怒ったりするものです。

えー・・彼女様も “もれなく” ぐずります。

きっと、花火が今年最後って悲しさもありなんでしょうなぁ・・

駐車場からバイクはチャキチャキ出てこれます。
車はややしばらく待たされるらしいですが。

バイクが続々と出て行く中
一台のバイクだけポツンとあり
そこにはあたふたして泣きそうになっているバイカーが一人。
暗闇の中目を凝らすと女性だった。

助けねばね・・バイカーとして。(下心は持てないが・・ね)

バイクをこねくり回したせいで前輪が埋まり抜け出れなくなっていて
まずはそれを押し出し、一安心。

「じゃあね!」

などと言っていたら今度はエンジンがかからない・・

バッテリーが弱いかエンジンが冷えちゃったのね・・
とか思いながら押しがけを手伝う。

かからない・・

なぜ??

もしかして・・

それは・・エンジンを始動できるようにしていないから・・

おいおい・・コンセント抜けた状態で電源を押しているようなもんだ・・
ってことで、始動できるようにして、エンジンかけたら一発。
人騒がせなネーちゃんだなと。


うん、今日の山場はココからなんだな・・。

先程から眠いくて、ぐずっていた彼女様。

でもバイクの後ろでは眠れないでしょう?
寝る=死
と言っても過言ではないだろうしね。

後ろに乗せて15分位かな・・

寝やがった・・

彼女様の頭がグリンと左に揺れたかと思うと
もちろんバイクも左に傾く・・

ぬお!!


俺も死ぬ・・

体勢を整え、体を前のめりにして・・
そこによしかからせる様にして肩甲骨辺りで彼女様の頭ブレを補正。
それでも体がずれたりするので
片手で彼女を支えて、片手でバイクを操り・・

バイクでおんぶ状態といいましょうか・・

と言うかね、実際ありえないから・・こんな事。

変な体制でのバイクでの運転・・

通常時の3倍は疲れたな(当社比)


なんにせよ、帰りのバイクが一番スリル満点でしたなぁ・・

ズルリと体がずれるあの恐怖ってのは中々味わえないな・・
てか味わいたくも無いけども。
スポンサーサイト

コメント

あぶないからさ

気づいたら片足なかったとか、やめてね。
そんなちょっと距離ある時は眠くなるまで飲まさない事!
とっても心配。

最初が肝心な事もたくさんありますよ。

危ないって!
っていうか、よくその状態で寝れるねー・・・
私、大昔にちょこっとだけバイカーだったから、そこで寝ちゃうのがわからんー!
これから彼女様とお出かけのときは車ですね。
となりでいっつも寝ちゃうのよ~みたいのは可愛いけどね。

そーゆーときは、迷わず、"御休憩"しましょう♪

遠いところ・二人でいくところは「車」にしたらいいよ。
大人なのだから、無茶はしないように。。。

んもう!

日曜日は楽しい時間をありがとうございました♪うちの彼女さんに車の移動やらシートやらを殆ど任せてしまった茶屋でございます。

挙句の果てには 助手席で寝てました。(優しく許してくれましたよ)


また 素敵なダブルデートに誘って下さいね♪ウフッ♪


危ないよー?タダでさえバイクは怖いのにさ(`ε´)気をつけてねー?

馬 闊多 さんに一票

うぅ・・・・

eru様
そこまで気が回らなかったのは事実で・・
花火や雰囲気に飲まれていた次第でございます。
反省です。
こと、バイクという乗り物自体危険な乗り物ですものね・・。
今後気をつけて行こうと思います。
バイクは・・日中の軽いドライブ程度にしておきます。

よく寝れるな・・と

ふたば様
全身に風をあびるバイクで
寝れるなんて可能性を微塵にも考えてなかったの・・。
しかしながら寝れちゃう人種もいるのですねぇ・・。
今後、ほんの少しの遠出でも
バイクを使用するのは控えようと思います。

ご休憩・・

馬 闊多様
ご休憩・・しとけば良かったな・・
そこまで全然頭が回ってなかったの。
といいますかバイクで1時間位な距離だったから
走っちゃえ!という勢いも多少あり・・
けれどなにかあってたら、後悔では済まされませんよね・・
様々な視野をもてるように今後精進して行きます。

車・・

デス様
車の渋滞を回避目的だったのですが
渋滞よりも安全でしたな・・。
今後は車を使用して安全かつ快適なドライブに努めます。
けどさ・・なんで・・寝れるんだろう・・
普通は寝ないしょや・・(泣)

マスターぁ・・

マスター様
花火帰りの不穏な空気見てましたか?
眠くなったりするとぐずるのです・・。
注意したら手に負えなくなります。(笑)

今後は車での移動を第一に考えます。
ほんっと、私も青ざめた思いでしたもの・・。
K子さんにも宜しくお伝え下さい。
とても楽しい時間をありがとうございました。

Wデートはこれからも頻繁に行いましょっ!

それから・・ご休憩って・・休憩になるのか・・なぁ・・と。(照)

はは~・・・ん

みんなに怒られてるね、田村くん(笑)。
ま、今回は幸い大事には至らなかったので、次回から気をつけましょう。

しかし、彼女は本当に田村くんのこと信頼してるのね。
お母さんの腕の中でぐずるくらい・・・命預けるくらい・・・・。
ちょっぴり羨ましかったりして・・・(*^。^*)

みんなの言う通り、車にしなさい!
それにしても、無事で良かった。

はい、気をつけます。

ひろみ様
皆に叱られて若干凹んでおります・・。
しかしながら
ぐずったり、寝たり・・
なんとも不思議な人ですなぁ・・彼女様。
もうちょっとしっかりして欲しいと思ったり。
彼氏であり親でもあるような微妙な気持ちです。

はい・・。

はなまよ様
そうですよねぇ・・
みんなに言われて、ホントそう思いました。
なんでもなんとかなると考えがちですから
今後は色々な予測をふまえた上で
行動していこうと思います。

今考えると、ほんと無事に帰ってこれて良かったぁ・・

さすが皆から愛されている田村くん、えらい言われてますな。
そうっスか、凹んでますか。もう復活した?
(オレだったらキレるけど:笑)。

地元民としてフォロー?しておくと、あの祭りは昼過ぎの時点で交通
規制入るし周りに路駐もできないから、「昼から現地入りして20時
までひたすら待ち続ける」って人意外はバス・タクシー?・自転車・
徒歩しかないのよ。だから、仕事後駆けつけなければならない田村く
んとしては「バイク」は至極当たり前の選択だよな、って感じた。

田村くんも書いているように「全身に風をあびるバイクで寝れるなん
て可能性」なんて普通は考えないもの。
このロジックで行くと「将棋倒しの危険性が非常に高い火祭り(真
面目な話)」には大事な彼女は連れてけません(笑)。

あと距離だけど、30km強ってこっちじゃ長距離に当たらないんだよ
ね。札幌に居た時は時間的意味も含め結構な距離に感じてたけどね。実際オレも登別-伊達を普通に通勤してるし。感じ方はそれぞれだけど
「長距離危険なバイクツーリングデート」って事ではないと思った。

これで、次のイベントもバイクで行って後ろで眠られて事故った、
っつーんなら言われても仕方ないなと思うけど。

ぅな様・・

ぅな様
うん、ありがとう。
確かに、バイク選択の意図はそこでしたの・・。
けれど、寝れる人種の彼女様と言う事が判明した為
次回からはなるべく車で移動したいと思います(泣)
本当はね、バイクだと公然と抱きついてもらえるので
嬉しいのもあるのですよ(照)
なかなか思うようにはいかないですねぇ・・

え・・不利な態勢の中
援護射撃がちょっと嬉しかったりしましたな。
けれど止めるなり、泊まるなり、しっかりと起すなり
他にも手立てはあったのです。
生半可なそっと寝かせてあげたい等と言う優しさは
命取りになりかねませんし・・ね。
真摯に受け止め今後に活かして行きたいと思います。
ありがとうございますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/397-d1b838ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる