今日の田村くん

会いたいと星に・・。

2017-09

銘酒祭りレポ。

押さないと順位があがりません。
さぁ・・今何位なのか!?田村くん!!

こちらも。
人気blogランキングへ

息を切らしてさ
駆け抜けた道を
振り返りはしないのさ・・

皆様
こんばんは。

土日で銘酒祭りに行って参りました。

着くなり
ビールを飲むのが田村家クオリティー。
着いて温泉入ってからとかじゃないの。
着いたらまず飲む。
そこ大事。
洞爺湖で一杯

ふふん
さてさて
今回はどのようなプログラムかね・・
パンフ

今回は
ふらのワインが初参加。
ほう・・ワイナリーが参加ってのは、実に素晴らしい。
それでこそ銘酒祭りというもの。
日本酒の蔵元がなんだか最近幅を利かせ過ぎている感は否めなかったものね。

等とぶつくさ言いながら
お風呂に行きいざ、銘酒祭りへ。

会場

会場内の壁際には
ビールブース
ビールブース
カクテルブース
カクテルブース
ワインブース
ワインブース
各蔵元
酒蔵1
酒蔵2
酒蔵3
酒蔵4
酒蔵5
酒蔵6
お酒を仕込む水も試飲出来ます。
仕込水

なんだか
写真ばっかりで申し訳ない。
百聞は一見に・・と言うヤツですな。

さて自分の座席に戻りまして
夕食

これが今日の晩御飯。
ピースしてるのは兄の子。
歓迎
歓迎されてます田村くん。
ピースしてるのは兄の子。

さて・・
開演じゃ!!
ジャンボさん
例年通り
ジャンボさん登場!
一気にボルテージが上がったり上がらなかったり。
でもジャンボさんの一生懸命さは好き。
周りは基本的に酔いどればかりだから
進行するのも大変だろうな。

ヨシ、今日は飲むぞと
ウコンの力の力を過信して各ブースを回る。
何事も定量と言うものがあるので、大吟醸ばかり狙う。
萬寿

久保田の萬寿
大体、一升で12000円はするであろう代物。
こんなものも呑めちゃうのが
このお祭りの良い所。

強力

幻の米・・強力で作った
お酒。
ありゃりゃ・・これはめちゃんこ美味しい。
山廃なのに
すっきりとしていて、キレがありコクがある。
なんでだろう?
って蔵元に聞いたらアルコール度数が高いので
すっきりとした飲み口になるんだそうだ。

そうそう
山廃ってなんだ?と思われる方もいるでしょう
山廃仕込ってのは
正式には、山卸し廃止酒母仕込。
既成の乳酸を添加せず、自然の乳酸菌を育てて雑菌の増殖を抑制し
低温でじっくりと育てる酒母製造方法です。
現在一般的となっている速醸酒母と比べて
煩雑な加温操作と倍の日数の仕込期間(約30日)が掛かります。
山廃仕込で醸されたお酒は、一般的には濃醇で、ふくらみのあるお酒となります。
良くわからないけれど
手間隙がかかった製法なんだな。
だので、より複雑な味わいが生まれて
日本酒なんて味が全部似通ってる!とか言われる方は
このタイプを飲むと蔵元により味が大分違うのを実感できます。

るみこの酒

るみこの酒
漫画、夏子の酒のお話の元となったお酒。
日本で初の女性杜氏が作り上げた
女性らしく柔らかで
それでいて飲み口の爽やかさに驚かされます。
私のお気に入りのお酒。

蓬莱

市場には、まだあまり出ていないお酒
一昨年から作り始めたとかで
この辺りでは滅多にお目にかかれないお酒だそうです。
お米の美味しさがギューッと濃縮されて
すこし甘口だけど、美味しいお酒でした。

ひなたぼっこ

今回、色々なお酒を飲んだけれど
初めて出会った、とっても美味しいお酒。
純米大吟醸のひなたぼっこって言うお酒なんだけど
三千盛で作ってるの。
写真じゃわかりづらいかな・・ちょっと濁ってるのです。
濁っているの
ほんのり甘いんだけど
大吟醸だから雑味が無く
何杯でも飲めちゃうの。美味しい・・こんなお酒あったんだね。

さてお酒は
この辺にしておいてですな

今回は
ソムリエ
バーテンダー
蔵元
の三者で勝負がありまして・・

わさび納豆にあわせるお酒を
上記の三者が選んで審査員に飲ませるという趣向の
イベントがありまして

審査員役は会場から選出されます。
コレは違いのわかる田村くんが出なければ・・。

わさび納豆に日本酒・・
普通に合う飲み物なだけに
どれほどの物を蔵元は、もって来るんだ?とか思ったら
なんだか普通でガッカリ。

わさび納豆に白ワイン・・
ソムリエが選んだのは
スッキリとした味の白ワイン。
合うどころか、最悪な組み合わせかも。
納豆の臭みが口いっぱいに広がったあと
わさびのツーンが白ワインとゴチャゴチャになってる気がする。
フルボディーの赤ワインの方が良いんじゃないのか??
ソムリエの質を疑うぞ。

わさび納豆にカクテル・・
オイオイ、この時点でもはやOUTな気もするが・・汗
モスコミュールのライムをレモンに変えた事で
納豆の後味がスッキリと消されて見事なものだった。
炭酸とわさびの相性も良く、すこしビックリ。

私の中で
色々葛藤する。
納豆に合うのは、やっぱり日本酒だけど・・
新しい試みにチャレンジし
新しい可能性を感じさせた・・
バーテンダーは選ばれるべきじゃないのか?

と思い

バーテンダーの札を上げる。

周りを見る
私のほかは・・全員蔵元の札だった・・

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
ナニ、モシカシテアジガワカラナイヤツダトカオモワレテルンチャウノ?

と言いますか
おまいら・・少しはヒネロよ・・これだから・・素人は・・

とりあえず審査員した御礼は貰う。
貰うもんは貰っておくんだ。
納豆
この納豆・・一個で525円もするさ・・

あとわさび
わさび漬け
ちっこくて可愛らしいわさび漬け。
実に美味しい。

んでもって
カクテルブースにイチャモンをつけに行く。

あんたのせいで悲しい気持ちになったじゃないか!!
(ほぼ八つ当たりですが)

本当に申し訳ないと
作ってくれたカクテル
悲しみブルー

悲しみブルー。(田村くん命名)

ワインも飲む
フォーゴ

こちらは山梨県のワイナリーで作られているワイン。
肉とかにピッタリ合いそうな少し酸味が強いワインだった。

ワインブースは次から次に飲んだから写真がコレしかないの。ゴメンよ。

もうね
見ててわかると思うけど
会場内で何が行われてようが
ただひたすら飲みまくってた訳です。
レポと言うよりかは
何飲んだかの記録になってますな。

最後らへんは
結構良い気分になってきた。

知らない女性から
この白ワイン美味しいから飲んで見てぇ~とか
言われて飲んだけども
美味しいなら、ワインの銘柄を教えなさいと。
いくらでもただで飲めるんだろうしと。

とは言え、笑顔で美味しいですねと返す辺り
田村くん大人w。

うい・・っぷ・・
と最後にまた、バーテンダーに絡みに行く。

おうおうおうおう!
最後にカクテル飲んでやろうじゃネーか!
ぐらいな気概で

最後にカクテルで〆たいのですがと。

バーテンダーが言います。
あなたの為に、心を込めて作りますと。
先ほど、選んでくれて本当に嬉しかったからと。
カクテルを作って貰う。

ぬ?
これは・・なんというカクテルですか?
ビトインザシーツ

ビトインザシーツです。

今日はコレで良い夢を。


とはいえこの後
部屋に帰ってワインを一本あけてから眠りに着くのです。

ライオンやビーバーは人の言葉は喋れない構造なんだぞ・・zzz。
スポンサーサイト

コメント

この世の天国・・・

バーテンダーさんの作ってくれるお酒はピシッっと決まっていて美味しいなと思う。
(最寄り駅に紺野さんというバーがあって、そこのマティーニは本当美味しかったです)

にしても、いいお祭り・・・
ワイン日本酒・・・ああいいなあ・・・
「強力」飲んでみたい!!!

悲しみブルー、ぷっと吹いてしまったよ。
和みましたありがとうです。

しかしうらやましい!

強力。

スナ様
審査員は150人の中から
わずか5名しか選出されないのです。
かなり必死に
嘆願してならせてもらえるのですが・・
私以外全員・・蔵元札あげるから
物凄く恥ずかしかったです。

そうですね・・
飲兵衛の夢の祭典ですな。
13000円(宿泊込み)で
金額的にもリーズナブル
(親父殿と兄が出してくれましたが)

強力。
本当に美味しいお酒でしたよ。
昔に良くお酒に使われていたお米だそうで
すっきりと、そして名前の如く強い味わいのお酒でした。

良いでしょう!
羨ましいでしょう!
いつか、晩酌友の会とかで行ければ楽しそうですねぇ~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamurakunn.blog24.fc2.com/tb.php/897-c5e69023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| HOME |

FC2Ad

プロフィール

田村くん

Author:田村くん
室蘭・登別在住
永遠の30歳
趣味を探すのが趣味
料理は大好き。
食べるのも作るのもね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる